数あるインターネットサイトの中から当ホームページにご来場いただきましてありがとうございます。当ホームページは、出来るだけわかりやすく、じゃこ天やかまぼこの作り方でや当社のこだわりをお客様にお伝えできたらと考えております。
ここ宇和島地区で練製品作りが盛んである理由として、

• 宇和海という豊富な漁場があり、新鮮な魚が豊富にとれていたため。

• 人口の割りに魚屋さんが多く、近所の小さな魚屋さんでもじゃこ天を作って売っていたため。(今でも宇和島地区にはじゃこ天を製造販売するお店があちこちにあります。)

• 昔から、宇和島の「食」において、深く関わりを持っている練製品は、そのまま食べるのはもちろん、お野菜と煮物にしたり、ちらし寿司や巻寿司に入れたり、うどんのトッピングにしたりと、食べ方のバリエーションが豊富なため、宇和島地区の家庭の食卓にはよく練製品が並びます。ちなみに、よく驚かれますが、カレーライスの具として肉の代わりにもよく使われます(シーフードカレーに近い感じでおいしいです)。

現在も宇和島地区の練製品は昔ながらの製法が土台であることに変わりはありません。手作業で一匹一匹魚の頭を落としてつくる、宇和島地区の練製品は決して大量生産は出来ませんが、大量生産が出来ないからこそ出来る宇和島地区の練製品の味。少しでも多くの方に愛媛県宇和島地区の「かまぼこ」「じゃこ天」「ちくわ」などの練製品をご賞味いただきたいと思っております。

 店長にメールする