愛媛県南予地方の宇和海は、国立海中公園がありそこは海のお花畑と呼ばれ、サンゴ類、熱帯魚の乱舞する世界です。又リアス式海岸でも有名です。魚の宝庫といわれ約千種類の魚が住んでおり、釣りマニアのメッカで、宇和島名産「かまぼこ」「じゃこ天」の原材料の宝庫でも有る。

 すずき科の魚で主に宇和海に生息しています。お腹が銀白色で「蛍」のように光るため、命名されたようです。また、地元では「はらんぼ」と呼ばれ大変美味です。主に宇和海で水揚げされ、じゃこ天の原料となる魚です。産卵期は9月前後で、最大でも15cm程にしか成長しません。
まえそ
 えそ科の魚で最高級のかまぼこの原料として重宝されてます。産卵期は6月〜8月で、雌の方が大きくなります。また、白身魚でうま味がある非常に良質な魚です。
おきひいらぎ
ひいらぎ科の魚で、愛媛南部より高知にかけて特に多く生息し、地曳網や手ぐり網で大量にとれじゃこ天の原料、煮干になる。
ひめじ
ひめじ科の魚で、日本各地の沿岸に生息するが中部以南に多い、じゃこ天の原料となり、煮付、焼き物にされる。 
まあじ
日本各地の沿岸に生息し年中どこかで産卵が行われ惣菜用、じゃこ天の原材料として重要。
まだい
たい科の魚で北海道以南の日本近海に産する。わが国では古来海魚の王として賞味され、鯛刺し、浜焼になる。又、小鯛はかまぼこの原料とされることがある。
グチ
松島湾付近から南部にかけて生息し重要底魚資源であり、刺網・機船底曳網などで漁獲され、かまぼこ・じゃこ天の原料になる。
とかげえそ
えそ科の魚で別名「石エソ」とも呼ばれかまぼこの原料として重要です。