じゃこ天の作り方 かまぼこの作り方 じゃこちくわの作り方

 

 

 じゃこちくわPHOTO  

ほたるじゃこの写真

   

宇和島の練り製品に絶対に欠かすことの出来ないのが、この頭落しという工程です。手早く、丁寧に、魚の頭を落とします。どんなに小さな魚でも、一匹一匹頭を落とします。

じゃこちくわの作り方1
上記の魚は「ほたるじゃこ」と呼ばれ大変美味です。主に宇和海で水揚げされ、あまり知られておりません。地元では「はらんぼ」と呼ばれています。

     

魚の頭を落としてウロコと内臓がきれいに取り除けるまで洗います。その後よく冷却し、ミンチをかけます。「ほたるじゃこ」はスズキ科の魚ですが、魚の皮と骨もミンチにかけるのでねずみ色になって身が出てきます。ですからカルシウムが豊富で、とってもヘルシーです。

蒲鉾屋さんが作った塩
自然塩
安岡蒲鉾店では魚以外にも厳選された素材を使用しています。じゃこ天以外にもかまぼこ・ちくわ等すべての製品に自然塩を100%使用しています。

石臼の写真
  

ミンチをかけた魚を石臼で練っていきます。安岡のじゃこちくわも冷凍すり身に依存せず、生の近海で取れた小魚を100%使用します。長年の経験と豊富な知識が必要な重要な工程です。

じゃこちくわの作り方3
当社では昔ながらに全ての製品を石臼でスリミをつくっています。石臼でスリミを練ることにより、きめの細かい上質なスリミに仕上がります。

成形後のじゃこちくわ 成形後のじゃこちくわ

  

今度は、すり身を成形していきます。安岡蒲鉾ではこの機械でじゃこちくわとえそちくわをつくっています。つぎつぎと機械がちくわを成形していく様は見事です。

じゃこちくわの作り方4

 
焼きあがったじゃこちくわ
焼きあがったじゃこちくわ
 
  

最後に成形したすり身を焼いていきます。じゃこ天は成形した後、油で揚げますが、ちくわは焼いていきます。中まで火が通るようじっくりと焼いていきます。こうして出来たじゃこちくわは全国蒲鉾品評会において栄誉大賞を受賞いたしました。

じゃこちくわの作り方5