じゃこ天の作り方 かまぼこの作り方 じゃこちくわの作り方

じゃこ天の作り方画像

 


ほたるじゃこの写真
 

宇和島の練り製品に絶対に欠かすことの出来ないのが、この頭落しという工程です。この工程を無くしてしまうと、もはや宇和島のじゃこ天ではなくなると云っても過言ではありません。非常に重要な工程です。手早く、丁寧に、魚の頭を落とします。どんなに小さな魚でも、一匹一匹頭を落とします。

宇和島じゃこ天作り方1画像

上記の魚は「ほたるじゃこ」と呼ばれ大変美味です。主に宇和海で水揚げされ、あまり知られておりません。地元では「はらんぼ」と呼ばれています。



   

魚の頭を落としてウロコと内臓がきれいに取り除けるまで洗います。その後よく冷却し、ミンチをかけます。じゃこ天に使う魚の「ほたるじゃこ」はスズキ科の魚です。じゃこ天では、この魚の皮と骨もミンチにかけるのでねずみ色になって身が出てきます。ですからカルシウムが豊富で、とってもヘルシーです。

宇和島じゃこ天作り方2画像
ほたるじゃこの魚肉
ほたるじゃこの魚肉

ほたるじゃこをミンチにかけた後の魚肉です。


 

ミンチをかけた魚を石臼で練っていきます。石臼で練ることにより、きめの細かい上質な身に仕上がります。また、安岡のじゃこ天は冷凍すり身に依存せず、生の魚を100%使用しますので、長年の経験と豊富な知識が必要な重要な工程です。

宇和島じゃこ天作り方3画像
蒲鉾屋さんが作った塩
自然塩
安岡蒲鉾店では魚以外にも厳選された素材を使用しています。じゃこ天以外にもかまぼこ・ちくわ等すべての製品に自然塩を100%使用しています。

 

今度は、すり身を成形していきます。木製の型枠にすり身を入れて、手の押した後が残るようにすることがコツです。重さは手の感触でわかります。薄すぎず厚すぎず、一枚一枚手早く丁寧に成形することが重要です。この型枠も手造りなのですよ。

宇和島じゃこ天作り方4画像
じゃこ天の道具-竹べら

竹べら
 
宇和島地方ではこの竹べらを使って 手押し(成形)していきます。この竹べらも手づくりで、職人ひとりひとりに あわせて長さや大きさなどが微妙に違うものをつくります。  

じゃこ天の道具-型枠
型枠
 
この小判型の型枠はじゃこ天をつくる際、当然ながら同じ大きさのじゃこ天が出来るように型枠をつくらなければなりません。ですから少しでも幅が広かったり厚さが薄くならないよう注意してつくります。  

愛あるブランド
当社商品「宇和島名産 手造りじゃこ天」は、平成19年11月「愛」あるブランドとして認定されました。

 

最後に成形したすり身を油で揚げます。油で揚げていくと次第に膨らんでいきます。揚げたてはもちろんおいしいですがじゃこ天は冷めてもおいしいですよ。こうして出来た安岡のじゃこ天は全国蒲鉾品評会において栄誉大賞を受賞いたしました。また、「宇和島名産 手造りじゃこ天」は、えひめ愛フード推進機構による「愛」あるブランド産品として認定されています。

宇和島じゃこ天作り方5画像
「愛」あるブランドとは・・・
愛媛の農林水産物統一キャッチフレーズ「愛媛産には、愛がある。」を基本コンセプトとし、安全・安心で優れた品質を持つ愛媛県産農林水産物及び加工食品を、えひめ愛フード推進機構が、「愛」あるブランド産品として認定しています。
 
えひめ愛フード推進機構バナー  


かまぼこの作り方
じゃこちくわの作り方